human health care

事例紹介服薬率が改善し、ご家族の負担が軽減したBさん

みずしろ調剤薬局 山口哲郎先生

2017年4月 みずしろ調剤薬局にて取材(インタビュー記事より一部抜粋)

Bさん(70歳代女性)はパーキンソン病で同年代の夫と二人暮らしです。パーキンソン病は服薬状況で病状が大きく左右される疾病できちんと服薬することが必要ですが、時間も量も適切に服用されていない状態でした。そこで『eお薬さん』の活用をBさん夫婦に提案しました。Bさんの服薬は1日に8回ですが『eお薬さん』でセットできるのは1日4回分ですから、ご主人が外出がちの日中の4回分だけを利用することにしました。その結果、服薬遵守率は95%にまで改善させることができました。
『eお薬さん』の効果はそれだけではありませんでした。「安心して出かけられるようになった」という感想をご主人から聞くことができたのです。妻にきちんと薬を飲ませなくてはいけないということがご主人のストレスとなっていたのですが、日中の服薬管理から解放されたことにより、自分の時間を持つことができるようになりました。「距離を置くことで関係性にもゆとりが生まれます。『eお薬さん』を使うメリットとして家族が自分の時間をもつことができる、ということもあるのかもしれません」と山口先生は仰っています。

※使用感は個人の感想です。