human health care

住民創発型「リビングラボ」

すべてはそこに暮らす住民のために

ー住民の、住民による、住民のための住民創発型社会イノベーション活動ー

エーザイは企業理念であるhhcの実現を唯一無二の目的として企業活動をしています。主役は患者様や生活者の皆様であり、地域社会の住民の方々であると考えています。
「住民創発型リビングラボ」は、住民の方々が中心となり自らが製品やサービス(ソリューション)を生み出す新たな仕組みです。
具体的には、住民の方々ご自身や住まわれる地域社会において、特にヘルスケア領域で本当に困っていること、必要としていることは何かを見出すことから始まります。
住民の方々自らが見出した課題は、まさに真のニーズであり、住民の方々にとって切実な問題です。その課題や真のニーズを解決する策を住民の方々が皆で考え、解決策と解決策を融合したり、解決策と企業の技術とのマッチングなどを行い、さらに良い解決策へブラッシュアップします。
最終的に創出されたソリューションは、住民の方々で実証します。
この知識創造理論のサイクルを住民の方々を中心に回し、新たな地産のソリューションを創出していきます。
エーザイはhhc理念を基軸に、住民の方々が中心となり進める「住民創発型リビングラボ」という仕組みを住民の皆様とともに行うことで、ヘルスケア領域におけるニーズを充足し、“より安心していきいきと健康に過ごす”地域社会づくりに貢献して参ります。